宅建業免許申請代行(新規大臣免許)サービスについてのご説明

宅建物取引業免許申請代行(新規知事免許)サービスについてご説明いたします。

費用について

費用一覧
1.当事務所にお支払いいただく申請手数料 200,000円
2.登録免許税 90,000円
3.営業保証金 主たる事務所=60万円
従たる事務所=30万円
4.保証協会への加入金額

約160万円前後(加入する月により変動します)
●「社団法人全国宅地建物保証協会」
(ハトのマーク)
(東京都)の事例はこちらをごらんください。

●「社団法人不動産保証協会」
(ウサギのマーク)
(東京都)の事例はこちらをごらんください。

社団法人全国宅地建物取引業保証協会または、社団法人不動産保証協会のどちらかに加入することになりますが、この二つの団体では加入金額が異なっていますので注意が必要です。

※ご注意

営業保証金を保証協会ではなく、供託することを選択した場合には下記の金額となります。

・主たる事務所=1000万円 ・従たる事務所=500万円

供託とは、宅地建物の取引にかかる金額は大きいことが多く、事故が発生した場合には、その損害金額も大きくなりがちです。そこで、宅地建物の取引から発生した債務につき、その弁済を一定範囲で担保するための措置として、国の機関である「供託所」に法定の金額を預けることで、取引を行った者は、その取引により発生した損害に相当する金銭の還付を受けることができるようにしています。

お申込から免許交付までの流れ

■大まかな流れ

流れは少々複雑ですので、まずは、大きな流れについてご説明させていただき、その後に詳細な流れをご説明いたします。

STEP 誰が? 何をする
お客様 お申し込み
当事務所 ヒアリングシートを送付(メール)
お客様

ヒアリングシートに必要事項を記入後、当事務所へ送付

「登記されていないことの証明書」「事務所の写真」等、必要書類を当事務所へ送付

当事務所 お客様から送付いただいたヒアリングシートをもとに申請書類を作成
当事務所 作成完了した書類をお客様に送付
お客様 当事務所から送付されてきた書類に押印
お客様 押印が完了した書類を当事務所へ送付
当事務所 受領した書類を役所へ提出

■詳細な流れ

詳細な流れは、下記の6のパターンに分けられます。

該当するパターンをお選びになり、表の一番右側にある「詳細な流れを見る」をクリックしてください。

新しい画面(PDFファイル)が開きますので、そこで確認していただくことができます(印刷してお読みいただくことができます)

PDFファイルをお読みになるには、アクロバットリーダーが必要です。お使いのパソコンにアクロバットリーダーがインストールされていない方は下記からアクロバットをダウンロードしインストールしてください。また、古いバージョンのアクロバットリーダーをお使いの方の場合、ファイルを表示できない場合がございます。この場合も下記から最新のアクロバットをダウンロードしてインストールしてください。

アクロバットリーダーをダウンロード

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 

  加入する保証協会の区分 保証協会への加入手続き
または供託手続き
 
加入しないで営業保証金は供託する 当事務所へ依頼 詳細な流れを見る
加入しないで営業保証金は供託する 自社で行う 詳細な流れを見る
社団法人全国宅地建物保証協会 当事務所へ依頼 詳細な流れを見る
社団法人全国宅地建物保証協会 自社で行う 詳細な流れを見る
社団法人不動産保証協会 当事務所へ依頼 詳細な流れを見る
社団法人不動産保証協会 自社で行う 詳細な流れを見る

宅建業の免許申請に関して不明な点、不安な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。お問い合わせは、お電話・電子メールでお受けしております。

メールでのお問い合わせはこちらテキスト

メールでのお問い合わせボタン

電話連絡イメージ

フリーダイアル